仲介手数料半額制の理由

仲介手数料半額制にした理由

『定率性』である一般的な仲介手数料の場合、売買代金の違いにより、当然に手数料額も変わります。

売買金額5千万円の場合
(5,000万円×3%+6万円)+消費税=168.48万円
売買金額1億円の場合
(10,000万円×3%+6万円)+消費税=330.48万円

上記のように、売買代金が高くなればなるほど、手数料金額も高くなりますが、『手数料の金額が高い』ということと『仲介業務のサービスの質が高い』ということは、必ずしもイコールとはならないでしょう。

また、時代の変化とともに、お客様が求めるサービスの内容も様々なものとなってきているはずですが、『サービスの内容が異なったとしても、売買代金が同じであれば、どこの不動産業者でも手数料は同じ』という状況になっているのが現状です。

そこで、不動産仲介手数料の新しい選択肢の一つとして『仲介手数料半額制』を弊社はご提案いたします。

不動産取引の売却の場面において、『売れた金額』ではなく『提供するサービス』を基準として報酬額を算定し、提供するサービスを一定のものにすることにより報酬額を半額とする。

一定のサービスであったとしても、質の高いサービスをご提供することが『インターネットの普及』により可能となったからこそ、仲介手数料の『半額制』は可能となりました。

この『仲介手数料半額制』を、不動産売買の際の選択肢の一つとして一般的に定着させること、ひいては不動産流通業界の活性化の一助となることが弊社の最大の目的です。