東横マンションセンターのインターネットを活用した売却業務

弊社に不動産売却のご相談をいただいたお客様の、2人に1人は媒介契約を締結いただいております。
弊社商品(サービス)をご理解いただけたことを嬉しく思うと共に、ご選定いただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ここで、「弊社がこれまで売主様にご提供してきたサービス」の一部を紹介します。
このサービスは決して“特別なこと”ではなく“当たり前のこと”ばかりです。

売却物件の情報を完全公開し、その情報の流通経路を包み隠さず売主様へ報告

売却物件の情報を完全公開し、その情報の流通経路を包み隠さず売主様へ報告

弊社では『問い合わせ状況報告書』を週に1度、メールにて売主様へ提出しております。

この『問い合せ状況報告書』には「○月○日に、どの業者さんから、どのような問い合わせがあったか」ということが詳細に記録してあります。不動産の売却では、一旦不動産業者に販売を任せてしまうと、実際にどのような販売活動が行われており、どの程度の問い合わせが入っているのか、売主様は把握しづらくなります。

売主様に対して不動産業者が行っている報告の内容と、実際の販売活動の状況が全く異なっており、実は販売を任せた不動産業者が物件情報を独占(物件の抱え込み)をしていた、ということも残念ながらよくあることです。

弊社の『問い合わせ状況報告書』は、物件情報がレインズ等の業者間ネットワークを有効に活用している証拠であり、売主様が販売状況を把握するうえで何よりも透明性の高い『報告書』となります。

他社の営業マンが売却物件のセールスポイントをお客様に伝えやすくする『販売資料』を作成し、積極的に他社へ提供

他社の営業マンが売却物件のセールスポイントをお客様に伝えやすくする『販売資料』を作成し、積極的に他社へ提供

中古物件の販売資料はB4のコピー用紙一枚だけ…というケースが多く、新築物件に見られる立派なパンフレット等の資料と比べ、非常に情報量の少ないものばかりです。

また、弊社が販売を行っている物件を、他社の営業マンを通じてお客様へご紹介いただく場合、他社営業マンは物件を見るのも初めてで、物件に対し殆ど知識が無い、というケースがほとんどです。当然といえば当然です。限られた時間の中で、お客様へ売却物件のセールスポイントを効果的にアピールするためには、お客様の視覚に訴え、見学が終わった後でも何度も見返していただけるような資料のボリュームが必要になります。

弊社では、販売活動の当初より詳細な物件調査を行い、物件のセールスポイントを効果的にアピールできる資料を作成し、積極的に他社営業マンに提供しています。

「自己満足」「自社の利益」ではなく「顧客満足」「売主様の利益」の追求を徹底

「自己満足」・「自社の利益」ではなく「顧客満足」・「売主様の利益」の追求を徹底

不動産仲介業界では、売主様から売却の依頼を受けた場合、その物件の買主探しまでも自社で行おうとする、業界用語で言う『両手仕事』への執着が根強くあります。

一件の契約で2倍の手数料(売主様・買主様双方より)を得られるのですから、不動産業者としては非常に効率の良い仕事となります。売主様としても、売却するという目的が達成できるのであれば何も問題ないでしょう。

但し、売主様から売却の依頼を受けた不動産業者の中には、『両手仕事』を優先するあまり、物件情報を自社だけで囲い込み、レインズ等の業者間ネットワークに流通させない方法をとる場合もあります。また、レインズに物件情報は掲載しているものの販売図面が登録されていなかったり、他社からのお問い合わせに対して「お申し込みが入っている。」などど答える「物件の抱え込み問題」もいまだに沢山見受けられます。この場合、売主様が“本来得られるはずだった高く売れるチャンス”を逃してしまう可能性があり、売主様の利益を追求した販売方法とは言えないケースが多くなります。

『両手仕事』にもメリットはたくさんありますし、決してそれ自体を否定するわけではありません。弊社でも、弊社媒介物件を広告掲載し、その広告をご覧いただいたお客様からお問合せがあれば、当然弊社で直接物件をご案内しています。

しかし、あくまでも弊社の主とする販売スタイルは、物件情報をレインズ等の業者間ネットワークへ完全に公開し、インターネットを駆使して、その他大勢の不動産業者さんに積極的な営業活動を行っていただくというものです。

売却物件に十分な流通性があり、適正な価格付けが行われていれば、弊社のインターネットを駆使した販売スタイルが、売主様にとってより良い条件で不動産を売却できる最良の販売方法だと考えます。

<< BACK インターネットの普及がもたらした不動産流通システムの変化